ぽんむらのーと。

明石に在住するぽんむらの自由帳。カメムシになりたい

意外とお高い外構工事。注意点や目安価格について

※中途半端なので本文・画像とも近々アップデートします

どーも。ぽんむらです!

今回は隊長さんの新築検討記事を読んで思うことがあったので記事にしてみました!

www.taiyaki-oyako.com

まぁ簡単に言うと新築時の外構工事って結構お金がかかるよってことなんですが

とりあえず、持ち家ブロガーであることを活かす折角の機会なので、外構・エクステリアはなんぞやというところから説明していきましょう

ターゲットがピンポイントすぎるのは気にしない!

外構・エクステリアって何

f:id:ponmura:20170311155602j:plain

とりあえずここから

文字入力で「外構(がいこう)」って変換しても出ない場合ありますから、持ち家でないとなかなか馴染みのない言葉なのかもしれません

外構とは住宅などの敷地内で、建物の周りに作られる塀やフェンス、門扉、車庫、庭、アプローチなどのことを指します

建物新築時の外構工事は「新築外構」、「新築外構工事」とか言われますね

また、エクステリアとは、元は、外部、外面、外観という意味の英語で、「インテリア」に対応する言葉として使われます

厳密には違うのかもしれませんが「外構」と「エクステリア」は大体同じ意味で考えて問題ありません

外構・エクステリアの予算

f:id:ponmura:20170311161213j:plain

リフォームをする場合は内容によってマチマチですが、新築の戸建てで外構工事費用の目安とされているのが、おおよそ150~250万円です

一般的に、総建築費用の10%前後で算出しておけば、建物に合った外構ができると言われています。建物が2,000万円の場合は、200万円と言った感じ

ただし、これは近年一般的な「オープン外構」や「セミクローズ外構」の場合なので、家のまわりを塀でしっかり囲む「クローズ外構」の場合は、もっと値段が跳ね上がります

ちなみに我が家の外構費用は約400万。家を小さめに建てた分、ガーデンルームを設置したりなどで費用が嵩んでいますので、全く参考になりません!

我が家の図面

特に参考にならない我が家の平面図です。そのうち説明しよう(願望

f:id:ponmura:20170311160300j:plain

新築時に最低限必要な外構工事

新築時に最低限しておきたい工事内容をピックアップしてみます

門柱・アプローチ

f:id:ponmura:20170311155909j:plain

門柱というのは表札・ポスト・インターホン・門灯などがついているアレですね

f:id:ponmura:20170311161405j:plain
アレ

ブロックを積んで作る門柱は施工費が高くなりがちなので、安く済ませたい場合は「機能門柱」「機能ポール」を選ぶのが良いかと思います

f:id:ponmura:20170311161602j:plain

機能門柱もピンきりなのでシンプルな最低限のものからおしゃれなものまで様々です。可愛らしい系なら個人的にトーシンコーポレーションとかがオススメ

参考門柱 | エクステリア | 株式会社トーシンコーポレーション

続いて、アプローチは道路から玄関までの通路です。基本的にハウスメーカーが施工するのは玄関ポーチまでなので、アプローチ工事は外構工事の分野になります

レンガやタイル、自然石など敷材の種類は様々なので好みに合わせてどうぞ

価格的にはこんな感じ

洗い出し<コンクリート平板≦タイル<レンガ<自然石乱形貼り

下の写真は我が家の「自然石乱形貼り」施工中写真

f:id:ponmura:20170311164610j:plain

ランダムな形の自然石をパズルのように組み合わせます

「洗い出し」と「自然石乱形貼り」は特に職人さんの腕で仕上がりが変わるので注意が必要です。外構業者のHPなどの施工例写真でクオリティをチェックしておきましょう

乱形貼りの場合下記のようなものがNGとされています

  • 長い直線目地
  • 十字目地
  • 目地の太さがバラバラ・太い

境界フェンス・目隠しフェンス

f:id:ponmura:20170311162228j:plain

お隣のお家との間に設置するフェンスです。目隠し要素が必要なければ、上の写真のような、安価なメッシュフェンスを建てるのが一般的ですが、越境・所有権などで隣人トラブルに発展しやすい案件でもあります

分譲地で多いケースは、隣の家が建つまで待ってから費用を折半して境界線上にフェンスを建てたりします。この方法はのちにフェンスのメンテナンスや撤去、所有者が変わったときにトラブルになる可能性があるのがデメリットです。とりあえずハウスメーカーに相談してみましょう

目隠しフェンスは必要に応じて設置しましょう。どの部分からの視線が気になるかは、実際に住んでみないとわからない場合もありますね

フェンスなんて安いだろーと思っても設置箇所が広いと意外と値が張ります

駐車場コンクリート土間

概ね必要になるであろう駐車場のコンクリート土間。手抜き工事が起こりやすい内容だったりします

コンクリート敷くだけ、と思われるかもしれませんが、生コンを敷くのには下記のような複数の工程があるのです

  • 掘削
  • 残土処分
  • 砕石敷き
  • 土間枠
  • ワイヤーメッシュ敷き
  • 生コン打設
  • 仕上げ

これらを含めた、コンクリート土間打設の平米単価は大体1万ちょろり位になってくるでしょうか

ちなみに駐車場ならコンクリートの厚みは最低10cmは必要なのですが、悪徳業者の場合は材料費を少なくするためにコンクリートを薄くすることがあります、その場合ヒビが入ったり、最悪の場合割れたりする可能性もあります

また、基本的にはワイヤーメッシュを入れることでコンクリートの強度を上げ、ひび割れを防止するのですが、価格が安い場合ワイヤーメッシュを入れないことも・・・

工事が完了しちゃうとワイヤーメッシュを入れたかどうかなんて、コンクリート削(はつ)らないと分からないですからね。このあたりは知識がないと言いくるめられちゃうので難しいところです

安すぎる業者や、見積もりをコンクリート土間一式などで出してくる業者には注意が必要です

雑草対策

家のぐるりまわりの犬走りお庭など、土のまま置いておくと雑草まみれになります!

安価で雑草対策をするのなら「防草シート+砂利敷き」がおすすめです

下の写真は防草シートを敷いた状態。この上に砂利を敷き均します

f:id:ponmura:20170311164546j:plain

コンクリート敷いたほうが完全じゃない?と思うかもしれませんが、思考停止でコンクリートにしてしまうと撤去に手間と費用がかかるのが難点。お庭など用途が定まらず予算が足りない状態であれば砂利にしておいたほうが将来的に便利だと思います

うちもジャリジャリしてます

https://www.instagram.com/p/BQe7CCHjXrq/

犬走りの犬。#柴犬 #犬

余裕があればの工事

カーポート・ウッドデッキ・ガーデンルームとかいろいろ

このあたりはまた別の機会にでも!

まとめ

新築時の外構工事は50万~100万程度で考えている方が多いのですが、思ったよりも費用がかかります

また、ハウスメーカーの営業も住宅の方でお金を使ってほしいので「外構は100万あれば十分」とか言われたりするそうです

住宅のことを考えているときは、いっぱいいっぱいになってしまい、外構まで考えることが難しいですが、外構の面でも最低限の知識を持って新築に挑みましょう!